簿記検定の参考書・問題集の選び方は?

簿記検定試験を受験するにあたっての参考書や問題集についてですが、選び方のコツについて紹介します。

参考書について

独学で勉強する人はともかくとして、通信教育や通学で簿記検定試験の勉強をする人は参考書は買わない方が良いです。

通信教育の教材や学校でテキストとして用意される参考書で十分です。

問題集について

問題集については、過去問題集をおススメします。ドリルみたいな問題集は必要ありません。

とにかく最低限、過去3回以上まで遡っての問題集を手に入れて、繰り返し繰り返し解いていくのが最も効果的です。

ただ1つ注意して欲しいのは、法律改正などで過去問の答えが今の法律に基づいて回答すると間違いになっている場合があります。

中古で購入するのは止めましょう。

必ず受験する年度に発売された過去問題集を購入して勉強するようにしてください。

ちなみにほぼ毎年、ちょっとした法律改正は行われますし、なおかつ改正されたポイントについては出題者が狙ってくる場合も多いです。

独学で勉強する人の参考書選びについて

簿記検定試験を独学で勉強する人へのおススメの参考書選びですが、個人的には専門学校から発売されているものがおススメです。

永年の蓄積されたノウハウに基づいて、説明の表現もかなり平易になっていますので解りやすいものが多いです。問題集と対になっているタイプのものが特におススメです。

独学で簿記検定試験を勉強する人の為の問題集について

独学で簿記検定試験を受験する人への問題集のおススメですが、参考書とセットになっているものが良いでしょう。

参考書にも例題なんかが書かれていますが、それだけでは不十分な場合が多いので、補完するような作りになっており、学習する上でもスムーズだと思います。

また、最低過去3回以上の問題集を手に入れて繰り返し繰り返し解くようにしましょう。

注意したい点は中古の問題集は止めましょう。法律改正で解答が異なっている場合があります。

もう一つ注意点としては、パソコンのみで学習出来る問題集はおススメ出来ません。

なぜなら実際の簿記検定試験の当日は電卓と紙と鉛筆で試験をするわけであり、パソコンの画面で、マウスやキーボードで回答するわけではありません。

簿記検定試験はスピードが勝負な部分も多々あるので普段から電卓に触れて、なおかつきちんとペンで書いて解答する経験を積んでおきましょう。

ちなみに脳の構造の上でも、手を動かして勉強するということは、非常に記憶に残りやすいという結果も出ているそうですよ。

タイトルとURLをコピーしました