簿記検定は就職や転職に有利なの?

日商簿記検定3級や2級の資格を持っていると就職や転職に有利なのでしょうか?

ズバリ有利ですっ!

簿記検定3級資格や2級資格を持っているということは、就職や転職に対して有利だと言い切ってしまいます。

なぜなら簿記検定3級の資格は、履歴書や職務経歴書に記入出来るだけでなく、学習意欲が旺盛で、常にたゆまぬ努力をしているというアピールにもなるからです。

よく「簿記検定3級では履歴書に書いても意味がない」という人もいるようですが、簿記検定の資格を持っていることが就職や転職の決め手になるかどうか?はともかくとして・・

前向きな印象を与えられるということはプラスにはなってもマイナスになることはないでしょう。

履歴書や職務経歴書とともに自己アピールの為のツールとして十分に使えます

また、派遣社員の募集要項にも、簿記検定試験3級程度の知識もしくは経験があることという要件が掲載されているケースもあることから、就職や転職に有利?というよりも最低限、持っていて欲しい知識という位置付けの場合もあります。

ちなみに・・

私の友人が勤める企業では、役員に昇格する為には会社内規定で簿記検定の2級資格取得が要件となっているそうです。

企業の幹部が損益計算書を始めとした決算書類の意味が解らなければお話になりませんから、当然といえば当然のことなのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました