簿記検定には3種類ありますがどれが良いの?

簿記検定Q&A

簿記検定試験を実施している団体は3種類あります。

  • 日本商工会議所 ⇒ 日商簿記検定
  • 全国商業高等学校協会 ⇒ 全商簿記検定
  • 全国経理学校協会 ⇒ 全経簿記

3つの団体の中で最も規模が大きいのは、「日本商工会議所」の実施する簿記検定試験です。

ですから、受験する際には日本商工会議所が主催する日商簿記検定試験を受験するのが良いと思います

とはいえ、簿記検定試験の受験勉強をするにあたっては、どのテキストや講座でも基本的な部分は共通していますので、あまり気にしなくても良いと思います。

受験するなら日本商工会議所の簿記検定試験、通称「日商簿記検定」を受検。

受験勉強はどの団体向けのテキストでも基本的な内容は殆ど同じなので 気にする必要はない。

以上の認識で問題無いと思います。

なお、自分がすでに簿記の資格を取得する際に「全商簿記検定」や「全経簿記」を選んでしまった場合はどうすれば良いのでしょう?

これはあくまで私の意見ですが、わざわざ「日商簿記」を取得し直す必要はありません。

就職活動の時に面接官が本当に知りたいのは、実務経験があるか?だと思います。

新卒での採用ならば基本的な知識はあるか?自分なりに自己を高める努力をしてきたのか?という点を見ていると思います。

「全経簿記だから不合格」といったことは、まずあり得ないと思います。

ただ、もし現在の資格が3級で2級を目指すのであれば、その際は、日商簿記検定を選んで学習するのが良いと思いますよ。

ご参考までに!

タイトルとURLをコピーしました