簿記検定3級に再挑戦しようと思ったきっかけ

再び私が簿記検定の勉強をしようと思ったきっかけは、今度は自分から「将来、独立して事業を始めたい」と思い立ったことによります。

飲食店で働いていたのですが長時間の勤務で身体を壊してしまいました。

その後、某自動車部品のメーカーに勤務したのですが、どうしても仕事自体に面白みが見いだせずにいました。

そんな時に・・

自分で飲食店を経営すれば楽しくて、やりがいも感じられる毎日が送れるんじゃないか?と思ったんです。(今、思えば、かなり甘い考えだったんですが^^;)

とにかく、自分で独立して事業を始めるには、資金ももちろん必要だけど、お金を貯める間にも「何か将来役に立つことを学んでおこう」と思いました。どんな時間も無駄にしたくないと思っていたんですよね。

その時ふと以前上司から言われていた「経営者たるもの簿記の知識ぐらいなきゃいかん」という言葉を思い出したので、「そうだ。簿記を勉強しよう」と思いました。

今度は、自分で資格取得のガイドブックなんかも購入して「どういう勉強法が一番有効なのか?」ということを調べ始めました。

資格取得については「どうせ勉強するなら、キチンと世間的に認められるような資格まで取っておこう」と思いました。

それが日商簿記検定の資格だったということです。

タイトルとURLをコピーしました