まずはペラペラの・・

簿記検定3級の勉強を始めることとした私は、とりあえず勤務先の店舗近くにある大きな本屋さんに行き、最もペラペラで、かつ目立つところにある問題集を買って帰りました。

その問題集の表紙には 「14日間でマスター」というコピーと、某有名ビジネス専門学校の名前が入っていました。

早速、その日から毎日仕事から帰ってから1日分ずつこなしていこうとしたのですが、早速、最初の部分から躓いてしまいました。

「借方(かりかた)」とか「貸方(かしかた)」って何?全く意味がわからんっ!!

そもそも今思えば、問題集だけ買っても意味なんてわかるわけないですよね。

全く説明を読まずに問題を解いても解けるはずがなく、間違った後の解説を読んでもなんとなくわかったようなわからないような・・という感じです。

その後も、あまりワケが解らないまま問題を解き続けて、14日間が経過してしまいました。もちろん参考書はこの時点でも購入していませんでした^^;

しばらくして、上司から「簿記の勉強はしているか?」と聞かれたので、「問題集買ってやってます」と答えたっきりで、特に深く追求されることもなかったので、そのまま私の簿記検定3級の勉強は終了してしまいました。

わずか2週間とちょっとでの挫折です。

タイトルとURLをコピーしました