日商簿記検定試験直前の追い込み

簿記検定試験が近づいてきた頃は、簿記3級については、模擬試験でも過去問題集でも、ほぼ満点に近い点数を毎回取れるようになっていました。

そのため、 少なくとも「どんなに調子が悪くても絶対合格出来る自信」があったので、2級の勉強に集中することにしました。

日商簿記検定2級の出題範囲で、まだ理解出来ていないところもありました。

ですが・・

解る問題を確実に仕留めていけばなんとか合格は出来るという考えと、問題集を解きまくって解答するスピードが上がれば、難しい問題に対して考えたり解答したりする時間が稼げるのではないか?とも考えました。

そのため、参考書よりも過去問題集と模擬試験を繰り返し解くことに集中していました。数で質を凌駕してやろう!という戦略でいくことを決意!

前回、油断してしまった事が原因で、簿記3級の試験に落ちてしまっていたので、今回は気合い入れて勉強しました。リベンジしようとして返り討ちされるのは、ぜったいに嫌でしたし・・

ここで3級に合格できても、簿記2級に落ちてしまったら再度、挑戦しよう!という気持ちにならないという危機感のようなものも持っていました。

やっぱりモチベーションを高く保っていられるのには限界というものがありますからね。

試験当日までの1週間でなんとか3周することが出来たので、あとは試験当日を待つばかりです。

タイトルとURLをコピーしました