簿記検定試験の受験資格は?

簿記検定試験について

日商簿記検定試験の受験資格の要項によると、特に受験資格はありません

資格試験では上位資格受験の為には、まず下位の資格から順番に合格していかなければならない資格もあります。ですが日商簿記検定は、いきなり1級からの受検をしても良いということになっています。

限られた期間で資格を取得したいと考えている人にとってはありがたいですよね。

とはいえ、実際に受験してみればよくわかると思いますが、簿記検定3級と簿記検定2級の間にはずいぶんと大きな壁があります。ましてや1級ともなると難易度は、完全と言っていいほどに違ってきます。

ですから欲張って上位級から受験するよりも、まずは基礎中の基礎である簿記検定3級から受験するのが一番良いと思います。

特に会計士や税理士などの専門的知識を要求される職業を目指すのでなければ、簿記検定資格3級でも十分です。

ましてや簿記検定2級まで取得出来れば、十分に財務諸表の概要は掴めます。会社四季報の内容も単なる数字としてではなく、意味をもったデータとして読み解くことが出来ますから。

やっぱり「資格」というものは、使ってこそナンボだと思います。

もちろん就職活動の時などに履歴書に何かフックになるような資格が欲しいという気持ちもわかります。ちょっと勉強してみようかな、という感じであれば、まずは簿記3級あたりがやはり手頃だと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました