記憶力が増す勉強法

学習のアドバイス

日商簿記検定試験3級はとにかく問題集を解きまくったのですが、簿記検定の問題集はノートに答えだけを書いていくということが、なかなか難しかったです。

だから 直接問題集に答えを書き込んでは、消しゴムで消して・・を繰り返しながら勉強したのですが、いちいち消している時間がもったいないので、問題集をコンビニでコピーして使うことにしました。

前回、簿記検定試験3級を受験した際の失敗原因として、パソコン上でクリックやキーボードでの入力で解答して勉強していたのがまずかったということがありました。

鉛筆で数字を書き入れたり、書き間違ったところを消しゴムで消したり、という所で 時間が思いのほかかかってしまい、苦戦したので書いて勉強することにしました。

後で知ったのですが「書く」という行為は、「手を動かす」という行為と「考える」という行為がシンクロして記憶力が増すのだそうです。キーボードで文字を変換しながら入力という行為よりもはるかに記憶に残るらしいです。

実際に鉛筆で書いて勉強すると記憶力が増します。

その証拠に問題集をコピーして、紙に直接書き込むことを重視する勉強法に切り替えたところ・・

模擬試験の結果はググっと上昇しましたし、やはり実戦経験が増えたからか?イージーミスの数もかなり減りました。

簿記検定試験突破のポイントは、やっぱり「練習量」だと思います。

小さなお金を節約するよりも多少コストをかけてでもバンバン実践していくと良いですよ。

タイトルとURLをコピーしました